映像を作るには専門の知識が必要

動画視聴

今では動画を使ったマーケティングを取り入れている会社が増えています。中には、自社にも取り入れるか検討中の会社もあるのではないでしょうか。そもそも、動画マーケティングとは企業や商品のマーケティングに動画を用いる手法を指します。自社サイトなどに掲載しているものがイメージしやすいでしょう。少し前の時代では写真などの画像を使用したものが多かったものの、最近では動画に移行してきた為、WEBと動画両方の知識が必要となり、その難易度も上がりました。企業での動画マーケティングを制作するにあたっては、どのようなテイストの動画にするか、選曲や出演する俳優を決めるなどの話し合いを進めていきます。また、WEBに載せるにあたってのSEO対策の話し合いや、ターゲットの選定など色々な面からの働きかけが必要となります。

ピンキリなのは仕方がない

動画視聴

動画マーケティングを依頼する場合、その金額は20万円のところもあれば80万円のところもあります。制作会社によってピンキリなのが現状なので、20万円のところが極端に安い訳でもなければ80万円のところが極端に高い訳でもないのです。制作工程によって予算金額が変わってくる為に開きが生じてしまうのでしょう。動画制作を依頼する場合は企業側にもある程度の予算はあると思うので、それと照らし合わせつつ、プロの技術をしっかりと反映させたい部分に優先的に手間をかけてもらえる内容で依頼が出来るのが好ましいでしょう。

広告は奥が深い

動画制作

動画制作の目的や、どのような効果を求めているのか、明確なターゲットなどをしっかりと伝えることで制作側もイメージしやすいです。制作状況に応じてこまめに内容を確認するようにすることで、軌道修正も細かく出来るので完成度の高いものを期待できます。動画マーケティングは、企業のイメージや商品の良さをダイレクトに伝えることの出来る広告の形です。動画だからこそ伝えられる企業、商品に対しての思いやそれまでのストーリーなどを届けてファンを増やすことの出来る高度な手法であると言えます。ニーズもこれからどんどん増えていくことが予想される動画マーケティングです。

広告募集中